本文へスキップ

茨木市の矢木鍼灸院。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.072-657-9766

大阪府茨木市沢良宜浜2−24−32

小児系の鍼灸適応疾患

茨木の矢木鍼灸院トップ>小児系の鍼灸適応疾患

子どもの写真

小児の症状

小児は身体的にも精神的にも成長過程にあるという特殊性から、旺盛な適応反応を示します。そのために、成人にとっては些細だと思われるような原因からでも実に多彩な症状を呈します。これらが生理的な適応反応である場合が少なからずあります。しかし、同時に小児は自覚症状についての表現力に乏しいということも忘れてはなりません。とるに足らないと思われる症状が重篤な疾患を示唆している可能性もあります。
1.小児神経症
成人におけるいわゆる神経症ではなく、心理的に不安定な幼児が、幼児期から小児期の急激な成長過程で心身のバランスを失って発症します。睡眠障害・夜驚・チック・消化不良・下痢・便秘・食欲不振・嘔吐・頻尿・遺尿などがみられます。前額の皮静脈が顕著になったり、眼球結膜が蒼くなったりすることがあります。
2.小児夜尿症
乳幼児期は排尿反射抑制機構が未発達なため、一定量の尿が膀胱にたまると無意識に反射的に排尿が生じます。しかし、成長するにつれて、排尿調節機構が完成し、随意に排尿することが可能となり、夜間睡眠中でも覚醒し排尿できるようになります。通常、排尿機構が完成する4歳以上になっても、夜間の遺尿がつづく場合を夜尿症と呼びます。夜尿症は日中の頻尿、尿意切迫を伴うことが多いです。あた、睡眠の深度が深く、かつその時間が長い、排尿のコントロールが可能となってから起きる二次性夜尿症では精神因子の関与が強い、生来、夜尿が続いている一次夜尿症では、器質的疾患を伴うことがあります。
3.小児喘息
4.扁桃炎
小児に対する鍼灸治療方針:小児は成長過程でバランスを失いやすいということ、それぞれが成人にもまして適応反応であるということを留意したうえで、治療は定期的な管理治療も母親に対する指導を重視します。鍼灸は症状に応じて行います。

矢木鍼灸院のフェイスブック

〒567-0864
大阪府茨木市沢良宜浜2−24−32
TEL 072-657-9766

 

鍼灸適応疾患の文字画像


運動器系 / 神経系 / 呼吸器系 /消化器系 / 循環器系 / 泌尿器系 /内分泌系 / 自己免疫系 / 婦人科系 /眼系 / 耳系 / 鼻系 / 咽喉系 / 皮膚系 / 外科系 /小児系

★症状がない方でも定期的に体のメンテナンスをすることをおすすめします。気血のめぐりをよくすることで老化防止や美容にも、とても効果があります。
美容については、リフトアップ・目のくま・シミ・しわなども一緒に治療していきます。
※鍼灸治療には幅広い治療効果が期待できますので、難病で苦しまれている方などや症状の改善をあきらめてしまった方、是非一度ご連絡下さい。
鍼灸は東洋医学に基づく治療法
鍼灸は東洋医学にもとづく治療法です。心身のバランスを整え、病気になる前の未病の段階で体調を整えます。東洋医学では、人が生きていくうえで重要な3つの要素、気・血・水がスムーズにめぐることで健康が保たれます。気・血・水が全身を流れる道を経絡といいます。経絡上にある気・血・水を調節するポイントが経穴(ツボ)です。WHOでは361穴のツボを認定しています。
鍼の治療効果って?
髪の毛ほどの非常に細いステンレス製の鍼をツボに刺入しツボに刺激を与えて気・血・水の流れを調節し、体調を整えます。特に鍼には鎮痛(ちんつう)・鎮静作用、消炎作用、自律神経の調節による内臓の活性化、免疫作用をアップするなどの効果があるといわれています。
灸の治療効果って?
灸の温熱やもぐさの生成分が経穴から体に浸透し、気・血・水の流れを調整し、体調を整えます。冷え症の症状や肩こり、腰痛、婦人科の悩み以外にも免疫作用のアップ、病気の予防改善、体質改善、特に灸には増血作用、止血作用、強心作用などの効果があるといわれています。
美容鍼灸
鍼灸はからだの根本を治療していきます。からだの内面を整えることと細胞を活性化することで若々しさを保ちます。気・血・水の流れもよくなりますので、むくみ、目のくま、しみ、肌荒れ、不眠、生理不順など様々なトラブルも改善していきます。